スピーチで主役になっちゃおう!

今週のイベント・フォト@「ディズニーの英語システム」英語イベント

『CAP Kids』(CAP・キッズ)は、帽子を獲得したお子さんたちが1人1人マイクの前に立ちスピーチできるイベント。
このイベントで「主役」になることはお子さんの成長の更なるチャンスです。
しり込みしていたお子さんたちが勇気を出し、緊張しながらもしっかりと発表する姿は、大きな感動を与えてくれます。
また、普段会わないお友達から刺激をもらい、やる気を引き出されるお子さんも多くいらっしゃいます。


緊張する自分に勝ちたいんだ!

先日、浦和で開催されたCAP kidsに参加しました。 長男は初めてスピーチに臨み、「My Dream Job」について話をしました。そんな長男が、今回は長男が自分からスピーチをしたいと言い出しました! 「緊張する自分に勝ちたいんだ!」とまで。 原稿を一緒に考え、夢の新幹線を作成しました。 そしてイベント当日。しっかりスピーチをする長男。先生からの質問にも自分なりの回答をしていました。そんな長男が本当に格好良く、そして誇らしかったです。 自分で決めて頑張ったスピーチは、長男の自信になったようです。また次回もスピーチをするんだと張り切っています。 そんな弟を見て、姉もスピーチする事を決めました。 妹はYellow CAPを取りたいと言い出しました。
CAP kidsは、親も子も緊張しますね。 でもそれ以上に、他の子の頑張りを見て、子ども自身で成長するキッカケを作ってくれる場だと思いました。


恥ずかしがっていたけどスピーチに挑戦!

浦和で行われたCAP Kidsに参加してきました。 娘は初めてスピーチをしました。イエローCAPを取ってから、恥ずかしいからスピーチはしたくないのとずっと言っていたので、いつになるかな~と思っていましたが、娘の口からやってみようかな?という言葉が! 原稿が戻ってきてからはやる気が更に増し、頑張っていました。 本番は緊張した~と本人は言っていましたが、それを感じさせないほど堂々とスピーチをしていた姿を見て、本当に感動しました。 このような経験をさせて頂けたことに、本当に感謝しています。


自己紹介をやりとげ笑顔

CAP Kidsに参加してきました。 初めての参加に緊張しながらもロン先生とニナ先生の楽しいTalkで段々緊張がほぐれたのか、自己紹介もしっかり言えました。 長男は自分よりも小さいお友達が堂々とスピーチをしている姿を見て、とても良い刺激をもらったようです。もう少しでグリーンキャップをパスできそうなので、次回グリーンキャップで参加したいと頑張っています。 恥ずかしがり屋の長女も緊張しながらも無事自己紹介が言えました。終始緊張気味でしたが、終わった後は「楽しかった~。歌も全部歌えたよ。」と笑みをうかべておりま した。 次回はまだCAPを取得していない次男も参加できるように家族で楽しみながら頑張りたいです。


お友達と再会!

念願のCAP Kidsに参加。兄妹それぞれの色のCAPを被ってお友達と楽しく過ごせていました。 兄の方は、久しぶりに会えたお友達に相当嬉しかったようです。 こんな風に久しぶりに会って、一緒にイベント楽しめるのも WFCの魅力だなぁと思ってます。