「ディズニーの英語システム」卒業生のご紹介

2015年度の卒業生をご紹介します!

「ディズニーの英語システム」でしっかりと英語を身につけて、卒業課題を見事クリアした卒業生をご紹介します。


ディズニーの英語システムは、ぼくの英語力の源です!

小野木 望巳 さん

ご本人のコメント

ぼくはもの心がつく前からディズニーの英語システムを使って英語に慣れ親しんできました。また、小さいころから何度もサマー・キャンプやスプリング・キャンプに参加し、その中で少しずつ先生との会話も続くようになりました。ぼくはキャンプで大きな刺激を受け、また先生とのやりとりがいま、学校での英会話などで、とても活きていると実感しています。めったにできない貴重な体験をさせてもらいました。小学校のころまでは、文法は細かく理解できていませんでしたが、繰り返し練習したので、感覚的に話せるようになり、そして中学校の授業で英文法を学ぶことで、英語をより深く定着させることができたと感じています。テレフォン・イングリッシュも小さいころから毎週欠かさず続けてきました。先生の問いかけにうまく答えられずに、同じレッスンをやり続ける時期もありましたが、それもよい反復練習になり、いまでは文章をそのまま覚えているほどです。最近では、フリー・カンバセーションにもチャレンジしていますが、実際に目を見て話すのではなく、声が頼りなので、はじめのうちはうまく話せず、いやになることもありました。でも、慣れてくると先生の話が聞き取れるようになり、楽しい時間になりました。ディズニーの英語システムで体験したことはすべて、いまのぼくの英語力につながっています。ありがとうございました。


自然に英語が身につくディズニーの英語システムは小学生にもおすすめしたいです

橋本 咲麗 さん

ご両親のコメント

咲麗がディズニーの英語システムを始めたのは、6歳半。遅いスタートかな、と思いましたが、そんな心配は必要ありませんでした。マジックペンでアルファベットの大文字、小文字をすぐに覚えました。毎日、朝から夜眠るまでCDをかけ、DVDも字幕を出して流し続けたおかげで、購入から3ヶ月でBookがだいたい読めるようになりました。発音できても、意味がわからない単語は、Talkalong Cardsやポスターで確認して、どんどん吸収していきました。テレフォン・イングリッシュも、私はまったく英語が話せませんが、リッスン・オンリーから始めて、徐々に一緒に歌えるようになったのでソング・レッスンにし、半年後にはブック・レッスンを始められるようになりました。小学生になると、学校のある日はあまり時間がなく、長期休みにStep By StepやLet’s Play!を使いました。教材のすべてが連動しているので、どれを使っていてもCAPをどんどん進めていくことができたのがよかったです。
Talkalong Cardsは、ワールド・ファミリー・クラブ・ウェブ・サイト「My オーディオCAP」ページで、課題のすべてに“PASS”のマークをつけよう!と毎月3課題応募しました。Pre Graduation課題をパスしたのが、ディズニーの英語システム購入から3年後の2014年12月。翌月に英検4級に合格。続けて受けた、英検3級はリスニング全問正解で合格!2015年9月に英検準2級のCBT受験で一次試験を合格したので、ディズニーの英語システム卒業を決めました。11月には二次試験にも合格し、準2級をとることができました。英語を勉強するのではなく、自然に身につけられるディズニーの英語システムは、小学生にもおすすめしたいです。ディズニーの英語システムの思い出は、4年弱の間に30回ほど参加して先生とふれ合えた週末イベント、大好きな先生とのプレイタイムです。ディズニーの英語システムはよい教材だと思いますが、ワールド・ファミリー・クラブがなければ卒業はできませんでした。イベントやテレフォン・イングリッシュのネイティブの先生、スタッフのみなさん、卒業まで導いてくださり、ありがとうございました。