2015年度の卒業生をご紹介します!

「ディズニーの英語システム」でしっかりと英語を身につけて、卒業課題を見事クリアした卒業生をご紹介します。





Step by Stepを購入してからはひとりでも取り組めるようになりました

髙林 実梨さん

ご両親のコメント

3歳違いの姉、采未が0歳4ヶ月のとき、「これからは英語が話せて当たり前の時代になる」、「英語ができることで視野を広げ、豊かな人生を送ってほしい」と思い、ディズニーの英語システムを購入しました。しかし、実梨を妊娠中はつわりがひどく、1年近くディズニーの英語システムを使えませんでした。

采未が3歳になり、Basic ABCs+* でレッスンをしてみると、なんと質問に対して英語でスラスラ答えたのです。驚くと同時に「これはすごい!」とディズニーの英語システムの素晴らしさを実感しました。采未はディズニーの英語システムにとても興味をもち、アウトプットも積極的だったのですが、実梨はDVDは見るものの、CDやTACには興味がなく、あまり身についていないようでした。

小学生になると、友だちと遊んだり、習いごとが増えたりして、なかなかレッスンが進まなくなりました。

そこで、Step by Stepを購入。ひとりでも遊びながらレッスンに取り組めるようになり、またテレフォン・イングリッシュを毎週続けていたことで、少しずつ力も自信もつき、卒業課題までたどり着きました。恥ずかしいからとひとりで部屋にこもり、何度も何度も録音してやっとできあがった卒業課題。部屋から出てきたときは、やりとげたという達成感に、笑顔が輝いていました。

この10年余りを振り返ってみて、親子で楽しみながら英語が身につくワールド・ファミリー・メソッドに出会えたことは、私たち親子にとってとても幸せなことだったと思います。これからは、身につけた英語を使い、夢の実現のためにさらにステップ・アップしていってほしいと思います。

* Basic ABCs+は、2006年6月より内容や名称がStep by Stepに変更になりました





卒業まで続けられたのは、教材やWFクラブ、先生方、そして本人の努力のたまものです

北澤 紫月さん

ご両親のコメント

10年前、子どもに英語を習わせたいと思ったときに、母である私が楽しいと感じたディズニーの英語システムを選びました。なぜなら、親が楽しく使っていたら子どもも一緒に楽しく遊んだり学んだりするだろうと考えたからです。そしてディズニーの英語システムやワールド・ファミリー・クラブのプログラムは、私の期待を決して裏切りませんでした。

2歳で購入し、幼稚園に入園するまでの1年4ヶ月はDVDを繰り返し何度も見て、生活や遊びの場面に合った歌を歌いました。

幼稚園に入ってからは、興味の幅が広がり、教材を使う時間が少し減りましたが、Step by Stepでのレッスンを始めたこともあり、限られた時間の中でもできるだけ教材にふれ、イベントに参加し、ブルーとグリーンのCAPを修了しました。次にライムへと進まず、またブルーからレッスンをし直し、卒園間近にライムを修了しました。

小学校に入学して、紫月は進みたがりましたが、再びブルーに戻りました。ブルーからイエローまでひと通りのレッスンをするのには4年半を要しました。学校やほかの習いごと、妹の誕生で私の余裕がなくなり、イベント参加が減ってしまう時期もありました。そんな中でも、毎日英語にふれてほしくて、時間のないときはCDをかけ流す、Every Day With Zippyのカレンダーの前を通るときはその日のフレーズを言う、毎年夏休みにはTACをひと通り使う、テレフォン・イングリッシュのレッスンを毎週するなど工夫してきました。

こうして続けられたのは、教材やワールド・ファミリー・クラブ・プログラムのよさ、先生方のおかげ、そして紫月の長年の努力のたまものです。

紫月、おめでとう!あなたをとても誇らしく思います。